スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Diablo3再開 

パッチ2.1.0がきたので再開。
新レジェの追加やGreater Riftの追加がされて、最終装備に近かったクルセイダーもやることが若干増えた。

といっても欲しかったCondemnのCDが無くなるレジェ盾は今はシーズンでしか出ないのでシーズン開始。
レベル70まであげるのがめんどくさいし70にしたら妙にやる気が失せて
ギャンブルでカチカチしてたら簡単にCondemn盾出ちゃったのでシーズン終わるまで待機しててもいい感じがしてきた。

Hearthstoneは空き時間にちょろっとやるくらいでいいし
他にがっつりやりたいゲームも特に無いのでDiablo3しばらく続けます。

デッドライジング3欲しい
スポンサーサイト
[ 2014/09/05 23:33 ] FPS | TB(0) | CM(0)

BF4やりましょう 

CoD:G買って非常にがっかりしたのでBF4買いました。
Ghostsはなかったことにしよう。

BFシリーズは1942と2のDemo, BF3をBetaとHumble Bundleで買って少しプレイしたくらい。
初めて発売してすぐに買ってプレイした。

今まであんまりまともにやってなかったのもあってか、すごい楽しい。
PCスペックも上がってて快適にプレイできてるのもいい。
CoD:Gは買って1週間くらいで7時間くらいしかプレイしてないのに、BF4はもう20時間超えてる。


Dia3はCoD:G発売日くらいから全然やってない。
ソロでMP10ファーミングできるくらいにまではなった。Uberボスは無理。
PLも85で止まってる。


あとHearthStoneのベータが当たってやってみたけど簡単で覚えやすくていい。
複雑なルールがないから最初に投げることはなさそう。
まだCPU相手にしかプレイしてないけど、全ヒーローアンロックしたら対人にも手出したい。


鰤ゲーといえばHeroes of the Stormも控えてますね!
[ 2013/11/18 23:47 ] FPS | TB(0) | CM(0)

SF2始めました 

Special Force 2
昔散々バカにしてたスペッサルフォースの続編

最近FPSがやりたくなって、CoD:BO2を久しぶりに起動してみたけどTDM以外のゲームモードに全然人がいないし、TDMも人が少なかったから
人のいそうな無料FPSで新しいほうだったSF2を始めてみた。

始めてみて思ったのは
・プレイ人口が思っていたより少ない(ロビーにある部屋が少なかった)
・武器が少ない
・CoDっぽいと思っていたがそうでもなかった

ポイントで買える武器だけが少ないみたい。
ガチャを含めるとそれなりにあると思う。
UMPはポイントで買える武器にはなかったが、ガチャではあった。

走ってる時の動作とか1ボタンでナイフ攻撃とかアイアンサイト覗けるっていう全然CoDだけの要素ではない部分で勝手にCoDっぽいって思ってただけなんだけど……。
CSよりな気がした。
感覚でCoDっぽくないなって思っただけだからあんまり深く聞かないでほしい。


全マッププレイしてないから全体的にマップがどうとかはいえないけど
とりあえず糞マップと言えるマップはある。マップ名は覚えてない。
定番の?コンテナがいっぱい置いてある部屋のマップはあった。


特殊武器にナイフを装備して、特殊武器としてのナイフとナイフキー(デフォでF)でのナイフと2つのナイフ攻撃手段を持てるよくわからんことができる。
特殊武器のナイフは投げたりため攻撃したりできるみたい。


欲しい武器手に入れたらやめようと思ってたら2日プレイしただけで欲しい武器が全部手に入ってしまったのでこれからどうしよう。
[ 2013/07/29 09:51 ] FPS | TB(0) | CM(0)

/r/Linuxユーザの使うディストリビューションはこれだ! 

Results of the 2013 /r/Linux Distro Survey

redditの/r/Linuxのユーザが使うディストリビューション調査結果。
調査はGoogle Driveのオンラインフォームを使って今年の2月16日から3月2日まで行われ、7698の回答があった。
主な調査内容は「サーバ以外(デスクトップ)として使っているディストリビューション」、「サーバとして使っているディストリビューション」、「グラフィカル環境」についての3つ。


redditの/r/Linuxでやった調査だから当たり前だろうけど、回答者の95.71%がLinuxをデスクトップ用途として使っている。
サーバ用途として使っていると答えた人は62.17%
サーバとして使っていない(デスクトップ用途としてのみ使っている人)が37.83%


ユーザの多かったディストリビューションTop10
(デスクトップ用途とサーバ用途の合計)
1. Ubuntu
2. Arch Linux
3. Linux Mint
4. Debian
5. Fedora
6. Xubuntu
7. Gentoo
8. Kubuntu
9. Crunchbang
10. openSUSE


1位がUbuntuなのには納得だけど2位がArchだとは思わなかった。
openSUSEが低いのにも驚いた。
XubuntuとKubuntuはUbuntuに含めていいんじゃないかって思ったりもするけど……

ちなみに僕は
・デスクトップ用途のみ
・Arch Linux
・KDE
で調査に参加しておきました。


詳しい集計結果とかグラフは上のリンク先にあるからどうぞ。
最後に去年の調査結果もどうぞ。
Results of the 2012 /r/Linux Distro Survey
[ 2013/03/11 22:00 ] FPS | TB(0) | CM(0)

Dota 2の擬似乱数について 

擬似乱数分布 - Dota 2 Wiki

Dota 2には確率依存のスキルやアイテムが多い。
Bashとかクリティカルとかダメージブロックとか・・・

そこでDota 2では運ゲーになることを避けるために擬似乱数分布を使っている。
具体的に言うとBashが連続で3回発動したり、逆に10回攻撃しても発動しないということを防ぐために導入されている。

どういうことがDota 2の内部で行われているかというと
効果発動の機会のたびに効果発動の確率が一定値ずつ増加して行く。

SlardarのBash(レベル4)の場合で言うと、効果の発動確率は25%と表記されているけど
初回攻撃時のBash発動確率は8.5%
最初の攻撃で発動しなかった場合、2回目の攻撃での発動確率は8.5 + 8.5 = 17%
2回目でも発動しなかった場合、3回目の攻撃での発動確率は8.5 + 8.5 + 8.5 = 25.5%
4回目以降も同様に8.5 * (攻撃回数) %の確率で発動する。
ただしBashが発動した場合、この確率の増加はリセットされて次の攻撃での発動確率は8.5%になる。

また
8.5 * 12 = 102
となるので、11回攻撃してBashが発動しなかった場合でも12回目の攻撃で必ず発動するようになっている。


このように擬似乱数分布を使うことで1回1回の攻撃時は表記通りの発動確率ではないが
ある程度の期間をとって発動確率を見た場合に25%に近づくようになっている。


上のは確率が25%の場合。一般的に書くとN回目の攻撃で発動する確率P(N)は
P(N) = C × N
で表される。
Cは初回の確率と発動しなかった時に増加する確率。上の例で言うと8.5%


この確率の増加は効果の起こる可能性のある場合にしか起こらない。
つまり、建物に対してBashは発動しないので建物を攻撃して確率を増加させることはできない。
クリープに対してはBashが発動するので増加させることはできる。
これを使って敵ヒーロー攻撃時に発動する確率を上げることはできるけど面倒くさいだけだと思う。


いいシステムなんだけどDota 2の場合25%以上の時に表記の確率と実際の確率にずれが出てくる。
理由はDota 2ではなぜか理論値のCを使わずにいじった値が使われているかららしい。
だからVanguardのダメージブロック確率は70%と書かれてるんだけど実際は60%くらいになっているらしい。
なんでこんなことしてるのかはわからん。DotA: Allstarsでも同じみたい。


最近までDota 2ではこれが使われてなかったとかどうとか。
こういうこと書いておいてあれだけどDota 2やる気起きない。
[ 2012/12/25 21:49 ] FPS | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。