スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年大晦日 

今日で今年も終わり。
明日から2012年。
今年はいろいろあったなー。

成人式
東北地方太平洋沖地震
Firefoxのバージョンが今年初めから今年末までで3.6→9
Dota 2β開始(と当選)




リアルのこととネット上でのこといろいろありました。
今年お疲れ、来年もよろしく。
スポンサーサイト
[ 2011/12/31 18:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Dota 2の視界とWardの置き方(とあと便利なコマンド) 

Basic Vision and Warding Guide - DotA 2 Pro

視界とWardの置き方についての動画
何言ってるかわかんなくても見て大体理解して。



便利なコマンド

コンソールの開き方

1) Steamで"Dota 2"を右クリックし、プロパティをクリック
2) 起動オプションを開き -console と入力
3) OKを押してゲームを起動。コンソールを消すには半角/全角キー(デフォルト)を押す


コマンド:
dota_force_right_click_attack 1(デフォルト 0)
- 味方をDenyする時にAttackボタンを押さずに右クリックでDenyできる。
※フォローができなくなる(味方を右クリックするとそいつにずっとついて行くアレ)

dota_minimap_hero_size 700(デフォルト 600)
- ミニマップに表示されるヒーローのマークサイズを変更できる

dota_disable_range_finder 0(デフォルト 1)
- デフォルトではスキルアイコンの上にマウスカーソルを乗せた時にスキルの範囲が表示される。値を0にすることでスキル使用時にも表示される。
※円形ではなくヒーローからカーソル位置の間に矢印が表示される。範囲内か範囲外かは見たら分かると思う。

dota_player_units_auto_attack 0(デフォルト 1)
- 値を0にすることでオートアタックを切る事ができる。


最後のオートアタックについてはゲーム内の設定からでも変更できる。
個人的にこの4つが知っとくべきコマンドかなーって思ったんで4つだけ。
他にも知りたかったら下見て

List of useful console commands for DotA 2 - DotA 2 Pro
[ 2011/12/29 13:26 ] DotA | TB(0) | CM(0)

DotA 6.73アップデート 

クリスマスにDotA: Allstarsの6.73パッチがきた。
大型パッチで新ヒーロー4体、新アイテム5個を追加。
多くのヒーローに対して修正が入った。

変更点に関しては
DotA Allstars Encyclopedia

DotA Changelogs - 6.73
をどうぞ。


日本語Wikiのほうには追加されたヒーローとアイテムの日本語訳がなかったので訳してみた。
文字だけで長くなるので続きから


Dota2はDotAをまず再現するところからやってるみたいだけど、この変更点も全部適用するんだろうか。
[ 2011/12/27 12:02 ] DotA | TB(0) | CM(0)

Dota 2 Betaキー配ってるところ 

2012年3月26日修正

本当に日本人の当選者が少ない。
DotA系なんてやってる日本人が他国と比べて少ないのももちろんそうなんだけど
DotAの公式サイトや外国の大きなコミュニティサイトの情報を見ていないのが原因なのもあるかも。

最近DotAの公式やその他のコミュニティでは毎日200くらいのBetaキーを配ってる。
あと今はSteamのクリスマスイベントのギフトパイルでも当てることが可能。
Betaキー配ってくれてるいくらかのサイトを紹介する。


・Valveからのハードウェア調査とDotAに関するアンケート
『DOTA2』用のハードウェア調査『DOTA2 Hardware Survey』開始、WEB コミック『Tales from the Secret Shop』が公開 | Negitaku.org e-Sports
詳細はNegitakuで。
Steamのハードウェア調査のウインドウが表示されるのでそれを答える。
注意しないといけないのはその後にDotAに関するアンケートが表示される。
もちろん全部英語だからGoogle翻訳を駆使して頑張ろう!
アンケートに答えると終わり。当選したらギフトとしてSteamに送られてくる。


・DotaProjectのSteamグループ
Steam コミュニティ :: グループ :: Dota Project
このグループに参加してコメントするだけ。
毎日抽選してる。
ここだけで毎日180人とか配ってるからここが今1番当たりやすい?(180人というのはまた後で増える可能性もあり)



・PlayDotAのForum
PlayDotA Beta Key Draw - DotA Forums
Forumに登録してこのスレッドに1回書き込みするだけ。
当選したらForumのアカウントにBetaキーの書かれたメッセージが送られてくる。
毎日抽選してるんで毎日チェック。
ただし12月24日現在、この企画が始まって以降に登録されたアカウントは抽選対象外。
今は変更されて2012年2月12日までに登録した人が抽選対象。
このルールは変わっていくので常にこのスレッドを見ておくこと。
抽選対象外であっても書き込みはできるから今からでも登録して書き込みしておいたほうがいいかも知れない。


他のコミュニティサイトでも配ってるだろうけど、ここらへんが1番当たりやすいと思う。
あとはDota 2の翻訳ボランティアに参加するとか。
[ 2011/12/24 22:17 ] DotA | TB(0) | CM(0)

12月16日 Dota2アップデート 

気づいたらDota2のオンラインプレイヤー数が2万人近くいた。

今回のアップデート内容を和訳してみたんだけど、直訳しかできなくて意味不明なところも・・・
誰か修正して
2011年12月16日 パッチ - Dota 2 Wiki


1番下に公式のパッチノートには記載されてなかった変更点が書いてある。
気になるのはInvokerとBounty Hunterのポートレートとスキルアイコンが更新されたことと
クーリエのモデルが追加されたこと。
どちらもゲームに実装されたわけではなくて、データとして追加されただけ。
InvokerとBounty Hunterのどちらかは来週のアップデートで追加されるかもね。

InvokerとBounty Hunterの詳細についてはWikiを(英語)
Invoker - Dota 2 Wiki
Bounty Hunter - Dota 2 Wiki


追加されたクーリエのモデルをキャプチャしてあげてくれてる人がフォーラムにいたのでクーリエについてはフォーラムを
Look what I found! [Updated] - DotA Forums

公式Wikiにはクーリエの2つの新しいモデルを追加って書いてあったけど実際は2つ以上?
[ 2011/12/17 08:47 ] DotA | TB(0) | CM(0)

レイジコミック 

レイジコミック
今アメリカで話題のRage Comicの日本語訳版


Tumblrとかでたまに流れてくるアレ。
やっぱり日本語だとわかりやすい。
更新頻度も高くて毎日新しいレイジコミックが読める。
@ragecomicsjpで更新通知してるからフォローしとくのおすすめ。

これでみんなもForever Alone.
[ 2011/12/06 18:17 ] 適当 | TB(0) | CM(0)

定期Dota2情報 

ほぼ毎週アップデートをしているDota2
オンラインプレイヤー数もついに1万人を超えました。
にもかかわらず日本人のプレイヤーは増えないが。


前回のアップデートで日本語が文字化けしてしまう問題がある程度修正されたらしい。
翻訳作業も翻訳ボランティアの方たちのおかげで進んでるみたい。
翻訳ボランティアに参加してる人によると、ここ最近日本の翻訳作業スピードが上がっているらしい。


Dota2のフォルダ内のファイルをいろいろ見てたら今後実装されるであろう機能とかがあった。
ゲームモード(ゲームのテキストデータから引用)

・ALL PICK
全員が全てのヒーローから選択可能

・SINGLE DRAFT
各プレイヤーにランダムな3人のヒーローが提示される

・ALL RANDOM
全員にランダムなヒーローが与えられる

・RANDOM DRAFT
22人のランダムなヒーローから選択

・CAPTAINS DRAFT
キャプテン(各チーム1人いる代表者)は交互に1/1/1/1のBANピックを行う。そして1/2/2/2/2/1のヒーロードラフトに突入する

・CAPTAINS MODE
それぞれのキャプテンはヒーローを4人までBANし、その後、1/2/2/の選択フェーズに突入する

・DEATH MODE
死亡した場合は、復活後新たなヒーローを選ぶ必要があります

・EASY MODE
タワーはより弱く、経験値の取得はより早く、定期ゴールド収入はより多い





この8つのモードが実装予定みたい。
ALL PICKは現在マッチメイキングとプライベートマッチで実装されてる。
CAPTAINS MODEはプライベートマッチのみで実装されてる。
CAPTAINS MODEは大会でよく使われるゲームモードで、8月にやってた大会もこのモードでやってた。
文章だけじゃよくわからないと思うから大会の動画のBAN/PICK画面みて。
MYM vs Scythe.SG - Winner Quarterfinal - Dota 2 International - English Commentary - YouTube



他に実装予定と思われるものは各ヒーローのガイドを書いて投稿したり、投稿されてるガイドを評価できるシステム。
詳しいことはよくわからん。




またなんか分かったら書く。
[ 2011/12/04 13:54 ] DotA | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。