スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GD245HQでのアスペクト比固定拡大について 

前の記事ではアスペクト比固定ができず、グラボの設定でスケーリングの変更すらできなかったと書いてましたが
できるようになりました!

SyncMaster 2233RZ(120Hz液晶)とアスペクト比 by CRAZE_baka | Negitaku.org e-Sports
最初はここと同じように180番台のドライバを入れてやってみたんですが相変わらずスケーリングが変更できなかった。

ところが最新ドライバ(197.13)を入れてみたところスケーリングの変更ができる!
デフォルトでディスプレイに内蔵されているスケーリングを使用になっていたんですが
それのままだとディスプレイの設定でアスペクト比固定拡大にせっていしていても4:3の解像度のゲームでアスペクト比固定拡大ができない。
そこでグラボ側のスケーリングを使用するように設定するとできました。
グラボ側のアスペクト比固定拡大を使っても一応120Hzで動作しています。

・QuakeLive
見た目は1024*768のアスペクト比固定拡大(120Hz)で動作しているがOSD上では1920*1080(120hz)で動作していることになっていた。

・Counter Strike 1.6
上と同じでアス比固定拡大で動作しているがOSD上では1920*1080(120Hz)

・Starcraft
上と同じでアス比固定拡大で動作しているがOSD上では1920*1080(120Hz)

・Warcraft3
アスペクト比固定拡大はできてるが75Hzで動作していることになっていた。

よくわかりませんがWarcraft3だけ仕様でこういうことになっているのかもしれません。


Radeonは持ってないのでわかりません。
ディスプレイ側でもアスペクト比固定拡大の設定があるのに使えないのはなんでだ・・・
[ 2010/04/05 22:16 ] デバイス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uoods.blog105.fc2.com/tb.php/377-dffc59b7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。