スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Desura試してみた 

キャプチャ2

Mod DBとIndie DBが運営のデジタル配信サービス。
Indies GameやMODを扱ったSteam
SteamもIndies Gameを扱ってるけどDesuraで扱われるのはSteamでも扱われないようなゲーム。
今はまだフリーゲームだけだけど有料のゲームやMODも追加されていくと思う。
今cβ中で、ModDBのDesuraの記事に参加したいってコメントすれば開発者から招待がきて参加できる。


キャプチャ

Sven Co-opは前にインストールしてたのでゲーム読み込み時に勝手に認識された。
WarsowとHL2MODのJailbreakをインストールしてみたけどSteamと同じような操作でできる。
HL2MODはSteamのsorcemodフォルダにちゃんとインストールされた。
WarsowはC:\Program Files\Desura\Commonにインストールされた。
Indies GameはSteamで買ってインストールしたときみたいにDesuraの下にインストールされるみたい。

ダウンロードするときの速度は1MB/sくらい。
MODやIndies Gameを主に扱うDesuraならこれくらいで十分だと思う。速いに超したことはないけど。

Steam版のFarcryにもMODを入れられるか試してみたけど普通にできた。


今はまだ扱ってるゲームがMODとIndies Gameどっちも少ないけど
Mod DBとIndie DBで扱ってるゲームをこれからDesuraで扱っていくとなるとすごい数になりそう。
インストールがめんどうくさいMODがワンボタンでインストールできるし
アップデートも自動でやってくれるからすごい便利。
ただ、Goldeneye: SourceとかDragonball: Sourceみたいな著作権に触れるようなグレーなMODは扱われないみたい。

ゲームの各ページはMod DBとほぼ同じでそのゲームに対する評価をつけたりコメントしたりできるようになってる。
コミュニティ関係はMod DBと同じでアバターとかフレンドとかも引き継がれてる。フレンドいないけど。


これからに期待できる配信サービス。


Desura
Desura: 開発中のバージョンを一般ユーザーにも公開 « GAME LIFE ニュース
[ 2010/11/25 09:52 ] ツールとか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uoods.blog105.fc2.com/tb.php/426-2b05ef8a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。