スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Raidcall試してみた 

Raidcall is a free,low-latency voice solution for professional gamers.

フリーのVCツール。
Skypeのように登録必須。
Fnaticのサーバーもあるよ!!

raidcall.jpg
部屋に入ったときの画面。
同じチャンネルにいる人とチャット可能。
この画面は初期状態だけど自由にサブチャンネルと作ることができる。

raiddd.jpg
プライベートチャットもできる。
スクリーンショットを撮って送る機能があるみたいだけど何故かうまく機能しなかった。

contact.jpg
Skypeにあるようなコンタクトリスト。
こっからプライベートチャット送ることもできる。


サーバーは立てる必要がなく、すでにあるサーバーに部屋(仮想サーバー)を作るタイプ。
無料で簡単に作れてパスワードもかけられる。
最初は50人までしか部屋に入れる枠がないが、追加もできる。
サーバーはEUかUSにしかないらしくUSでPing120~160くらい。
部屋に入るときもIPとかポートとか必要なくて、部屋名で検索して入ることができる。
遅延はTS3と比べてもほとんど変わらないくらい。
音質は悪くはないというレベル。
クライアント自体も軽く、VCツールとしての基本的機能はそろってる。

オーバーレイを表示することもできるがここに書いてあるゲームでしか動作しないみたい。
Raidcall is a free,low-latency voice solution for professional gamers.

サーバー立てるのは無理だけどSkypeは使いたくないっていう人たちにお勧め。
光回線じゃない人はちょっとツライ部分があるかもしれない



Twitter / @jamesthemesser: こんな感じでサクっと仮想VCサーバーが作れる。最近増 ...
[ 2011/05/04 15:19 ] ツールとか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uoods.blog105.fc2.com/tb.php/451-d57afca8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。