スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Dota2 フォルダには・・・ 

Dota2のゲーム内容に付いては外国人の配信、日本人の配信で見る事ができるし
配信じゃ普通映らないDota2のインストールされてるフォルダの中身について。


まずHUDについて。
TF2は.resファイルをいじればHUDをカスタマイズすることができたんだけど、Dota2もできるみたい。
ress.png
Dota2のresourceフォルダ

カーソルもファイルを置き換えれば変えられると思う。
UIフォルダの中に主にゲーム内HUDの.resファイルがあった。
普段プレイ時に下にでてくるアイテム欄とかヒーローのステータス欄のファイルもあるし、ショップに関するファイルもあったんで多分いろいろ変えられる。



ショップを開いたときに横に出てくるStating Itemsとかも変えられる。(なんのことかわからん人はコレみて)
builds.png
itembuildsフォルダ

このヒーロー毎にあるテキストファイルをいじれば表示するアイテムを変えられる。
試しにDraw RangerのStarting ItemsにStout Shieldを入れてみた。
http://steamcommunity.com/id/Muddler/screenshot/650996245758237991



Quick Start GuideとかいうHTMLファイルも見つけた。
quick s
Lichのガイド

ゲーム中に見れるようにするのかどうなのかわからないけど各ヒーロー分あった。
アイテムアイコンが今のものと違うし、開発初期の頃からあったんだと思う。


ソースエンジンのゲームは字幕表示ができるけど、そのファイルもあった。
各ヒーローの台詞が字幕として表示できる。邪魔だと思うけど。
ほかにもまだ未実装のヒーローのファイルがあったり、各言語のテキストファイルがあったり・・・。
[ 2011/11/04 08:02 ] DotA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uoods.blog105.fc2.com/tb.php/474-28503118


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。